武生ガイド〜こと編〜越前の伝統の今を世界に伝える

FUKUI ECHIZEN
越前打刃物
越前和紙
越前箪笥

越前打刃物UCHIHAMNO

発祥は約700年前。南北朝時代、京都の刀匠だった千代鶴国安が刀剣作りに適した地を求めて府中(現越前市)へ。近郷の鍛冶職人に鎌の製造方法を教えたことが始まりとされている。江戸時代には越前国の名産品として日本中に広まり、なかでも鎌は全国一の生産量を誇るようになる。昭和54年(1979年)には、その歴史と技術が高く評価され、刃物産地としては全国で 初めて伝統的工芸品に指定。現在も、古来の技術を守りつつ、機能性やデザインを追求し、国内外で高い評価を得ている。

片刃

刺身包丁や出刃包丁などが片刃包丁。材料の組織を壊さずに切ることができるため、断 面を美しく見せる和食の魚料理に適している。

両刃

三徳包丁や菜切包丁などが両刃包丁。両面から研ぎあげるため食材に力が均等に加わり、まっすぐ切りやすく欠けにくい。

越前打刃物の伝統技法「廻し鋼着け」によって、鋼をより薄く均一に延ばしているため、研ぎやすく切れ味がよい。

タケフナイフビレッジ協同組合加盟工房FACTORY

タケフナイフビレッジ

共同工房から発信する伝統工芸の未来。
1993年竣工の12社による共同工房。越前打刃物の資料展示や工房見学、体験などでの伝統工芸の紹介に加え、若手職人希望者の受け入れなど技術継承・人材育成にも尽力する。地域や学生との交流も盛ん。
越前市余川町22-91
タケフナイフビレッジ協同組合
0778-27-7120

安立刃物製作所

歴史と先人が残した技術を後世に伝える。
1873年頃創業。初代は鎌作り、二代目以降は包丁に従事。“良い品を作る”をモットに、ベテランの四代目と五代目(四代目の甥)が丁寧なものづくりに励む。若手職人の育成や助言も惜しまない。
越前市余川町22-91
タケフナイフビレッジ協同組合内
0778-27-7120

岡田打刃物製作所

伝統技術を守り、応用と工夫を続ける。
1928年創業。火造鍛造を重視し、造林鎌や鉈、刈込鋏を中心に製造。漆かき用鎌や正倉院に保存されている槍鉋を復活させたこともある。伝統の廻し鋼着け技術の保守・継承も大切に考えている。
越前市池ノ上町45-1-6
0778-24-1612

カトウ打刃物製作所

伝統技術を重視、駆使した一貫生産。
1948年創業。和包丁やステンレス包丁、鎌を一貫生産する。モットーは、長く使える良いものづくりと若者が働き続けられる会社づくり。年数回の海外イベントにも参加し、異文化との交流も深める。
越前市余川町22-91
タケフナイフビレッジ協同組合内
0778-27-7120

佐治打刃物

国内外にファンが多い和式ナイフ。
約100年、四代にわたり打刃物に従事。先代は鉈専門だっ たが、時代に先駆けて和式ナイフ製造に着手、今では国内 外にファンが多い。さまざまな材料を駆使した少量多品種、独自の刃物作りを継続中。
越前市池ノ上町45-1-6
0778-24-1651

加茂藤刃物

蕎麦切り包丁など特殊分野にも進出。
1955年創業。現在は二代目が若手とさまざまな刃物を開発・製造する。蕎麦切り包丁や紙断ち包丁の他、福祉用具としての包丁なども手がける。近年は海外ニーズに合わせた商品開発にも取り組む。
越前市余川町22-91
タケフナイフビレッジ協同組合内
0778-27-7120

STYLE-K

越前福井の国内認知度を向上させたい。
自分の形や考え(スタイル)と、師匠(K)の恩を忘れないという意味が込められた工房名。研磨データを研究し、新素材を駆使したオリジナル品も手がけ、“越前福井”の国内認知を広めていく。
越前市武生柳町9-24
0778-78-9205

加茂刃物製作所

野菜収穫包丁で越前打刃物の名を広めた。
1930年代創業。両刃包丁の鍛造技術を生かし、1975年に長野県の高原野菜農家と「野菜収穫包丁」を共同開発し好評を得る。現在では全国家で重宝されるようになり、越前刃物の発信に寄与した。
越前市余川町22-91
タケフナイフビレッジ協同組合内
0778-27-7120

戸谷刃研

親子三代で誇りある研ぎを提供。
1946年創業。三代にわたり、両刃包丁の刃付や各種刃物の研ぎ直しに従事。信用第一、「戸谷なら間違いない!」と言われる仕上がりをモットーにしている。また、技術の継承にも努めている。
越前市余川町22-91
タケフナイフビレッジ協同組合内
0778-27-7120

北岡刃物製作所

片刃包丁専門、模様にもこだわりを見せる。
初代は岐阜県出身。打刃物に魅せられて武生(現越前市)へ赴き、現在三代目。出刃や刺身など片刃包丁が専門。さまざまな材質を取り入れて切れ味を吟味し、模様にもこだわりを見せる一貫生産を続ける。
越前市余川町22-91
タケフナイフビレッジ協同組合内
0778-27-7120

本多刃物

見た目の美しさを重視した研磨。
両刃包丁をはじめ、特殊包丁や蕎麦切り、すし切り、中華牛刀など、各種包丁の研磨仕上げに従事。“切れること+α、見た目も重視した美しい研ぎには定評がある。若手育成にも取り組んでいる。
越前市余川町22-91
タケフナイフビレッジ協同組合内
0778-27-7120

黒﨑打刃物

産地の未来を担い、国内外へ情報発信。
2014年創業。産地では約40年ぶりの新規工房。和テイストのおしゃれなナイフがメインで、海外からの発注も多い。伝統技術の継承とさらなる若手育成にも尽力し、越前打刃物の世界ブランド化を目指す。
越前市池泉町19-13-1
0778-27-6230

山本打刃物

機能性に優れた希望通りの刃物づくり。
2013年創業。師匠である浅井正美氏の工房と屋号を譲り受け、事業も継承。包丁やナイフの製作がメインで、使う人のことを考えたものづくりがモットー。機能性を重視した“注文鍛冶屋”を目指す。
越前市池ノ上町92-5-9
0778-22-1617